観光・遊び・買い物

北朝鮮 旅行・ツアー(中国発)

北朝鮮旅行 マスゲーム※ツアーには含まれていません。

北朝鮮旅行(日本国籍者向け) 2013年冬に大型スキーリゾートオープンにより年末年始も入国できる冬季北朝鮮ツアー開始

手配旅行代理 朝鮮旅行 / ジェイエス・エンタープライズ
お問い合わせフォーム(朝鮮旅行) / お問い合わせフォーム(ジェイエス・エンタープライズ)

 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)旅行です。中国の北京、瀋陽、丹東などから訪朝することができます。行きと帰りの交通手段や発着地を変えるなどの組み合わせも柔軟に変更できます。たとえば、本記事や代理店主催ツアーで紹介されていないような羅津や南浦など地方都市への訪問や2泊3日などの短期日程なども柔軟に対応できます。お気軽に相談してみてください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
北朝鮮旅行2016について重要なお知らせ
 現時点では、観光面での影響は報告されていません。紹介代理店が2社となっています。

 2016年、ツアー料金が若干改定されています。詳細は、旅行会社へお問い合わせください。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 北朝鮮観光を手配できる旅行代理店が主催する北朝鮮ツアーです。写真はある程度自由に撮影できます。主にNGなものは軍人、軍関連施設などです。現地のガイドの指示に従ってください。夏などイベント開催時は観光客が多くなるため価格が変動する可能性もあります。

<実施・企画中ツアー>
平壌カウントダウンツアー2016-17年 (朝鮮旅行)
2017年第30回「万景台賞」平壌国際マラソン大会 (朝鮮旅行)
新義州・平壌の両方を満喫できる3泊4日の往復鉄道訪朝 (朝鮮旅行)
2017年平壌国際マラソン4日間 (JSツアーズ)
勝負師伝説4日間 (JSツアーズ)
空陸川下ツアー!ビギナーもリピーターも平壌へ!4日間 (JSツアーズ)
사나이(サナイ)ジャンケンツアー4日間 (JSツアーズ)
メアリで216曲熱唱ツアー4日間 (JSツアーズ)
JS TOURS 千里馬速度ツアー 3日間 (JSツアーズ)
【2016年】朝鮮ツアー列車に飛行機とアレンジメントも自由自在でお1人さまから! (朝鮮旅行)
朝鮮新義州日帰り観光 (朝鮮旅行)
”旅友”募集掲示板-朝鮮旅行へ私と一緒に行きませんか?- (朝鮮旅行)

朝鮮旅行の基本6コース

A 3泊4日 平壌、板門店、開場(毎週水曜日瀋陽発)

北朝鮮旅行・観光
1日目 瀋陽発13時55分の高麗航空。平壌着、ホテルへ移動。平壌宿。晩ご飯のみ。
2日目 平壌市内観光 平壌宿。 朝昼晩3食。
3日目 板門店、開場観光 平壌宿。朝昼晩3食。
4日目 平壌観光(午前中) 平壌発11時50分の高麗航空。瀋陽へ。

<ツアー・旅行代金>
1人   185,000円
2~5人  161,000円
6~9人  149,000円
10人以上 110,000円

ビザ代金7,000円・往復航空運賃55,000円・10人以上35,000円(旅行代金込み)、シングルご利用の方は+21,000円(3泊分)

B 4泊5日 平壌、板門店、開場、金剛山など(毎週土曜日瀋陽発)

北朝鮮ナショナルフラッグ高麗航空で空路北朝鮮へ旅行者を運搬

1日目 瀋陽発13時55分の高麗航空。平壌着、ホテルへ移動。平壌宿。晩ご飯のみ。
2日目 平壌市内観光 平壌宿。朝昼晩3食。
3日目 板門店、開場観光 平壌宿。朝昼晩3食。
4日目 妙香山など観光 平壌宿。朝昼晩3食。
5日目 平壌観光(午前中) 平壌発11時時50分の高麗航空。瀋陽へ。朝食のみ。

<ツアー・旅行代金>
1人   216,000円
2~5人  184,000円
6~9人  168,000円
10人以上 132,000円

ビザ代金7,000円・往復航空運賃55,000円・10人以上 35,000円(旅行代金込み)、シングルご利用の方は+28,000円(4泊分)

C:3泊4日コース 毎日出発・往復列車
平壌市内を走る地下鉄

お1人さまから申し込みできます。

ツアー・旅行代金
1人   146,000円
2~5人  122,000円
6~9人  110,000円
10人以上 91,000円

ビザ代金7,000円・往復航列車代16,000円(旅行代金込み)、シングルご利用の方は+21,000円(3泊分)

1)列車は丹東発着となります。
2)列車は一般寝台者(3段ベット)利用となります。
3)列車時刻参考:丹東発10:00、平壌着17:30。平壌発10:40、丹東着16:30

D 4泊5日コース 毎日出発・往復列車

お1人さまから申し込みできます。

ツアー・旅行代金
1人   177,000円
2~5人  145,000円
6~9人  129,000円
10人以上 113,000円

ビザ代金7,000円・往復航列車代16,000円(旅行代金込み)、シングルご利用の方は+28,000円(4泊分)

1)列車は丹東発着となります。
2)列車は一般寝台者(3段ベット)利用となります。
3)列車時刻参考:丹東発10:00、平壌着17:30。平壌発10:40、丹東着16:30

E 3泊4日コース 片道列車・片道飛行機

お1人さまから申し込みできます。

ツアー・旅行代金
1人   168,000円
2~5人  144,000円
6~9人  132,000円
10人以上 105,000円

ビザ代金7,000円・往復航空運賃38,000円・10人以上30,000円(旅行代金込み)、シングルご利用の方は+21,000円(3泊分)

1)列車は丹東発か、丹東着となります。
2)列車は一般寝台者(3段ベット)利用となります。
3)列車時刻参考:丹東発10:00、平壌着17:30。平壌発 10:40、丹東着16:30
4)片道列車、片道飛行機利用の場合は往路、復路問わず、列車または飛行機を指定できます。

F 4泊5日コース 片道列車・片道飛行機

お1人さまから申し込みできます。

ツアー・旅行代金
1人   199,000円
2~5人  167,000円
6~9人  151,000円
10人以上 127,000円

ビザ代金7,000円・往復航空運賃38,000円・10人以上30,000円(旅行代金込み)、シングルご利用の方は+28,000円(4泊分)

1)列車は丹東発か、丹東着となります。
2)列車は一般寝台者(3段ベット)利用となります。
3)列車時刻参考:丹東発10:00、平壌着17:30。平壌発 10:40、丹東着16:30
4)片道列車、片道飛行機利用の場合は往路、復路問わず、列車または飛行機を指定できます。

A、B、E、Fコース共に北京発着へ変更できます。往復で差額+10,000円、片道+5,000円です。北京発は水、日以外運行されているので便利です(夏季は水曜日も運行)。

 上記日程はモデルコ-スであり、お客さまのリクエストにより日程も作成できます。たとえば、金剛山観光、馬息嶺スキ-場、白頭山、羅津や先峰などへのアレンジもできます。

 ※スケジュールはリクエストにより多少の変更できます。
 ※上記基本コース以外の場所のご希望も伺います。ただし、実現するかのお約束はできかねます。
 ※為替レート変更等で価格は異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。
 ※C、D、E、Fのモデルスケジュールはお問い合わせください。

 A、B、E、Fコース共に北京発着へ変更できます。差額往復で+10,000円です。北京発は水、日以外運行されているので便利です(夏季は水曜日も運行)。

朝鮮旅行全コース共通

 最小催行人数は1人、10人以上の場合は中国から添乗員付きでご案内します。1人1室利用は追加料金が必要です。
旅行代金に含まれるもの
・ビザ取得費用7,000円。
・航空便または列車移動費。
・平壌到着後からの専用車。
・日本語ガイド。
・観光地入場料。
・全食事。
・5星ホテル。

旅行代金に含まれないもの
・アルコール、コーヒーなどの飲み物代。
・特別リクエストなどのオプション費用。
・献花代。
・お土産代。
・ガイドや運転手へのチップ。

申し込み方法

1.ツアー参加希望の旨をメールで送信ください。入国許可に必要な情報をメールで返信します。
2.北朝鮮入国希望日20日前までに必要情報をメールで送信ください。
3.入国許可情報を元に北朝鮮側が審査を行います(約1週間)。
4.北朝鮮側の「入国問題なし」の回答後に詳しいご案内をいたします。
5.ツアー代金を日本の銀行口座へお振込み。
お問い合わせ・申し込みフォーム

JSツアーズ厳選お勧めツアー

千里馬速度ツアー 3日間

1日目 木曜日 高麗航空JS252 北京発 14:00~16:30 平壌着
北京国際空港第2ターミナル高麗航空カウンターに12時集合。第2ターミナルの高麗航空カウンターで査証を受領後平壌へ。到着後ガイドと合流してホテルへ。高麗ホテル泊。夕食のみ。

2日目 金曜日 専用車 平壌観光
万寿台銅像、金日成広場、凱旋門、主体思想塔、地下鉄、万景台、
祖国解放戦争勝利記念館、党創立記念塔、東明王陵(世界文化遺産)、学生少年宮殿※夜はサーカスを観覧。高麗ホテル泊。朝昼夕。

3日目 土曜日 高麗航空JS151 平壌発 08:30~09:55 北京着
専用車で平壌国際空港へ。高麗航空で北京へ。北京国際空港第2ターミナル到着。
朝のみ。

ツアー・旅行代金
2~6人 155,000円

(別途必要)税金7,550円・ビザ代金15,000円・サーカスなどオープション訪問地・シングルご利用の方は+15,000円(2泊分)。

空陸川下ツアー!ビギナーもリピーターも平壌へ!4日間

1日目 土曜日 高麗航空 瀋陽発 平壌着
2015年にリニューアルしたピョンヤン国際空港到着後、専用車にて市内へ。
車窓から見える凱旋門、万寿台の銅像を見学後、ピョンヤンを代表する玉流館の冷麺で夕食。
 ※玉流館の冷麺は実費になります(1人5,000円、ドライバー、ガイドの分も負担)。
ホテル到着後、徒歩にて夜の市内散策へ(オプションでカラオケなどお楽しみください)。平壌市内泊。夕食のみ。

2日目 日曜日 平壌地上地下観光
ホテルで朝食後、2015年リニューアルした錦繍山太陽宮殿、祖国解放戦争勝利記念館(入場料10ユーロ程度)を見学。
地下鉄新型車両、新型トロリーバスの乗車、高級総合サービス施設「ヘダンファ館」(別途入場料必要)でサウナに入った後、2015年に開店した回転チョンゴル(寄せ鍋)店で夕食。平壌市内泊。朝昼夕。
 オプションで朝まで楽しめる朝鮮カラオケパーティー。
 ※祖国解放戦争勝利記念館入場料1人(2,500円)。
 ※回転チョンゴル店は実費となります。
 ※トロリーバスは10人以上からの手配になります。

3日目 月曜日 平壌空中観光
ホテルで朝食後、平壌国際空港へ。
高麗航空が運航する平壌遊覧飛行(An-24型機)で上空から平壌市内観光。高麗航空レストランにて選べる昼食。
高層マンション群や科学技術殿堂、本の形をした金日成総合大学の教授マンション、ムンスプール場など生まれ変わった2015年から16年にかけて大きく生まれ変わった平壌の最新スポットを観光(車窓、外観のみの場合もあります)。
2015年運航を開始した大同江クルーズ「ムジゲ号」にて夕食。平壌市内泊。朝昼夕。
 高麗ホテルの回転展望レストランにて街並みを眺めながらガイドと語らいましょう。
 ※遊覧飛行は実費なります。1人13,000円。
 ※ムジゲ号の夕食は実費になります。1人2,000程度。

4日目 火曜日 高麗航空 平壌発 北京着
ホテルで朝食後、空港へ。
生まれ変わった平壌国際空港を見学しながら出国。朝のみ。

ツアー・旅行代金
2人~ お問い合わせください。

(別途必要)税金7,550円・ビザ代金15,000円・オープション訪問地・シングルご利用の方は+24,000円(3泊分)。

 ※滞在中の朝食、昼食、夕食は旅行費に含まれています。玉流館や回転チョンゴル店での食事は標準の食事を破棄して実費となります。多種多様なオプションを組み合わせてより楽しめるツアーにするのがお勧めです。ご希望をお伝えください。

 JSツアーズは、ユニークな企画、イベント参加などが多く基本ツアーと呼べるものがありません。JSツアーズの各ツアー情報をご参照ください。

JSツアーズ全ツアー共通

  1人1室利用は追加料金が必要です。
旅行代金に含まれるもの
・航空便または列車移動費。
・平壌到着後からの専用車。
・日本語ガイド。
・観光地入場料。
・全食事。
・5星ホテル。

旅行代金に含まれないもの
・ビザ取得費用15,000円。
・アルコール、コーヒーなどの飲み物代。
・特別リクエストなどのオプション費用。
・献花代。
・お土産代。
・ガイドや運転手へのチップ。

申し込み方法

1.希望日程、訪問地を元に見積もりを作成し返信します。
2.北朝鮮入国30日前までに参加希望をお伝えください。
3.必要書類をメールか郵送で送付ください。
4.入国審査と平行して請求書を送付、お振込みください。
5.出発1週間前までにEケット控えや日程表などの書類を送付します。
お問い合わせ・申し込みフォーム

共通の注意点

 現時点で把握できている注意点です。毎年のように変わるので、詳細は代理店へお訪ねください。

2016年最新情報

 携帯電話、パソコン、タブレット端末の持ち込み制限が緩和されています。
 現時点でも要注意は、GPS機能付きビデオカメラやデジタルカメラは保管対象となる可能性があります。また、丹東や瀋陽など中国で購入できるおみやげ用のバッヂや北朝鮮紙幣なども見つかると没収されます。

・渡航可否はそのときの状況により毎回違いますので必ず行けるとはかぎりません。
・携帯電話は入国後、ビニール袋へ入れ封をして各自保管か平壌空港預かりとなります。
・カメラは基本ok。しかし、35150ミリセンチ以上の光学レンズは原則許可されません(これも2013年以降緩和されています)。
・ビデオカメラは持ち込めます。しかし、GPS機能付きは保管対象となりますので表示等にご注意ください。
・パソコン、タブレット端末は携帯電話と同じようにビニール袋で保管されます。
・書籍は、北朝鮮を取り扱ったもの、政治関係などの本は没収対象となります。
・お支払い費用はすべて日本円のみとなります。現地では日本円の他、人民元、ユーロ、ドルが使えます。
・丹東発の場合は、出発前日に丹東1泊が必要です(朝10時発のため)。
・丹東または瀋陽までの航空券、宿泊等の費用は別途必要です。合わせて手配可能です。
 ※日本からの航空券はトラベルコちゃんなど航空券比較サイトで購入すると安いのでお勧めです。

 北朝鮮旅行についての最新情報は北朝鮮ローカルもご参照ください。
 
写真出典
朝鮮民主主義人民共和国公式サイト
高麗航空公式サイト

中朝国境の丹東とその歴史について

丹東中朝の橋。北朝鮮側から。奥は中国丹東市

鴨緑江橋梁(鴨緑江断橋)

 写真は北朝鮮側から中国側へ向けて川の上から撮影したものです。出発地の丹東にある中国と朝鮮を結んでいた1911年(明治44)、日本が建造した橋です。全長944.2メートル、幅11メートルで、12個のアーチから構成され、中央部分が横に90度回転する可動橋(旋回橋)でした(1934年3月に開閉を終了)。

 対岸の新義洲市は鴨緑江橋の延長線上に設計、造営された街であるため現在もこの鴨緑江断橋の延長線上に街の中心部があります。

 朝鮮戦争において中国から北朝鮮側への支援軍として人民解放軍がこの橋を渡って北朝鮮へ入国した歴史的事実がある橋です。同戦争中の1950年に米軍のB29の空爆により破壊され途中で切断しています。朝鮮戦争後、北朝鮮側の橋は撤去されて橋の土台だけ残っています。
朝鮮戦争時の爆撃跡

空襲で破壊された跡

 現在、中国側の橋は観光客用に開放されています。爆撃跡もそのまま保存されています。この橋の上から北朝鮮からの国際列車を見ることができます。

北朝鮮側の土台

橋が撤去されて土台のみ残る北朝鮮側

 空爆による破壊後、北朝鮮側の橋は撤去されて土台のみ残っています。正面に見える観覧車は、遊戯公園の中にある施設ですが、2003年以降動いているとこを観たことないので、すでに長期間動いていないと思われます。

 国際列車は、この橋の上流数十メートルに1943年に掛けられた鴨緑江第二橋梁(中朝友誼橋)を渡り北朝鮮へ入国します(列車と自動車専用橋)。
 
 この鴨緑江第二橋梁(中朝友誼橋)も60年以上経過し老朽化と一方通行などの輸送力の問題から新橋建設が決定し、建設が始まっています。
中国と北朝鮮を結ぶ鴨緑江橋梁(鴨緑江断橋)

鴨緑江橋梁(鴨緑江断橋)の入り口

 左側が鴨緑江第二橋梁(中朝友誼橋)です。

当時の日本、朝鮮、そして中国の列車状況について

 鴨緑江橋梁は当初、列車線路も敷設されており、この橋の完成により京義線と安奉線(南満州鉄道)が接続され釜山から漢城(ソウル)を経て新京(長春)、北京などへ直接行けるようになりました。さらにモスクワ、ベルリン、パリなどもへ朝鮮半島から鉄道1本で行くことができるようになりました。

 現在の北朝鮮主要線路は日本統治時代のインフラがそのまま活用されています。

 この路線の開通で東京から新京までの鉄道移動が可能となりました(下関から釜山までは海路移動)。

 1940年に決定された「弾丸列車計画」では1954年(昭和29)完成を目指して在来線とは別の最高時速200キロの高速列車を新設する計画で、東京から新京(長春)まで39時間20分、北京まで49時間10分の予定でした(在来線より丸1日短縮)。

 しかしながら日本国内と当時の朝鮮、満州、中国では線路の規格(軌間)が異なっており、日本国内は明治期の財力、国力を配慮し決定された1067mm(狭軌)を採用しており、のちに日本が敷設した鮮鉄や満鉄の軌間は1435ミリメートル(標準軌)と異なっていたため日本側でも標準軌の線路を新設する必要がありました。

 実はこれが戦後の新幹線計画となった歴史的事実はあまり知られていません(新幹線という名称も戦前からあったことが記録、資料から分かります)。

 ちなみに下関から釜山まで海路をフェリー輸送だったのですが、現在の佐賀県西部や福岡市西区周船寺からの海底トンネル等が計画、検討されていたそうです。詳細は割愛しますが、興味がある方は調べてみてください。戦後も計画されており実際工事を始めたことが最近判明しています。

 余談ですが、大連から丹東まで約300キロメートル、丹東から平壌までは約200キロメートルの位置です。大連からバスで約3時間半。丹東からの国際列車で平壌までは約10時間もかかります。駅での停車時間も長いそうなのですが、平均時速45キロ前後だそうです。戦前の方が明らかに高速だったことが分かります。

参考サイト(鴨緑江橋梁関連)
中朝友誼橋(ウィキペディア)
国境(丹東~新義州)@中国~北朝鮮
遼寧省東ユーラシアルート1

参考サイト(鉄道関連)
弾丸列車(まもなくウィキペディア)
東海道本線優等列車沿革(ウィキペディア)
 ※中段の「戦前黄金時代」を参照

参考サイト
北朝鮮っぽいの好き
 あんでんださん管理の開城ツアーや上海万博の朝鮮館から北朝鮮レストランの紹介など北朝鮮ぽいものを紹介するサイトです。2003年からの老舗サイトです。濃い情報満載です。

北朝鮮ガールズグループの中国公演ドタキャンで一番泣いたのは誰?Harbour Bussiness Online
 中国でもファンが多く注目されていたモランボン楽団の公演会はドタキャンに。次はいつ行われるのでしょうか?

中朝関係改善の兆し? 中朝博覧会に見る中国の北朝鮮貿易への期待度Harbour Bussiness Online
 2015年の中朝博覧会は、中国側の北朝鮮新義州との貿易拡大に期待を寄せていることを感じさせる内容となっています。

国内旅行代理店も独特!? 「北朝鮮旅行代理店」の微妙な対応Harbour Bussiness Online
 今後、訪朝を見当する人はいい参考情報になるのではないでしょうか。比較検討することは大切だと思います。

中国経済減速の中、盛況だった中国長春の「東北アジア博覧会」。日本のブースの様子は…Harbour Bussiness Online
 中国長春で行われている中国東北最大規模の博覧会には北朝鮮や日本、韓国も参加しています。国旗が並ぶは光景は不思議な感じです。

中国もやきもき!? 無期限開通延期の「新鴨緑江大橋」に見る中朝関係Harbour Bussiness Online
 非常に大きく見える新鴨緑江大橋はすでに完成しているものいまだに開通していません。大橋近くには2015年10月に朝鮮領事館連絡事務所が開所するなど、中国も北朝鮮も行政の中心を移管しつつあるので、将来的に大橋付近は発展するんでしょうね。

日本が作って米軍が爆破した中朝国境の戦争遺跡「河口断橋」。中国はちゃっかり観光活用Harbour Bussiness Online
 定番ガイドブック『地球の歩き方』にも紹介された”もう1つの断橋”です。ここで乗るフェリーからの光景は、丹東市内とはまた違った北朝鮮を見ることができます。

北朝鮮の重要な電力供給拠点、日本が作った「水豊ダム」に行ってきたHarbour Bussiness Online
 北著線の国章にデザインされ、現在の5ウォン札にも描かれている水豊ダムについてのレポートです。中国側からなら行けます。丹東と合わせ行ってみてはどうでしょうか。戦前の日本がいかにこの土地へ力を注いだかを感じさせるものです。

【中国最大の北朝鮮博覧会】中朝関係悪化で出展企業が100社から66社へ規模縮小Harbour Bussiness Online
 中朝国境の丹東で10月に開催される博覧会です。海外で開催される北朝鮮の博覧会としては最大規模です。北朝鮮へ行けなくてもここで北朝鮮の雰囲気を満喫してもいいかもしれません。

北朝鮮が観光客受け入れに注力 PCやタブレットの持ち込み規制も廃止Harbour Bussiness Online
 大連の旅行代理店の情報を元に2014年最新北朝鮮ツアー情報が2ページに渡り紹介されています。

大連で北朝鮮が投資説明会を開催。日韓へのアピールもHarbour Bussiness Online
 北朝鮮が対外的に元山、金剛山エリアのリゾート投資を呼びかけています。平壌の他にも変化著しい元山も訪れてみてどうでしょうか。

北朝鮮資本の四つ星ホテル「七宝山ホテル」に行ってみたHarbour Bussiness Online
 瀋陽の北朝鮮資本の「七宝山ホテル」を写真豊富に紹介しています。瀋陽発着を利用するときに泊まってみてはどうでしょうか。日本からもオンラインで予約できます。

中国にある「北朝鮮レストラン」とは?Harbour Bussiness Online
 中国をはじめアジアで営業されている北朝鮮レストランについて調査し「どんなスタッフがどんな目的で働いているのか?」をレポートしています。

tack’s home page
 2003年11月に北京→平壌への国際列車で入国し、帰りは空路で平壌→北京という日程で訪朝された方の北朝鮮紹介サイトです。

北朝鮮見聞録
 上海在住の方の2005年7月訪問の北朝鮮旅行記録サイト。本ツアーと同じく丹東から国際列車で入国した内容が紹介されています。大きくてとても見やすい写真が豊富で平壌、板門店、新義州など生の北朝鮮を感じることができます。100元の闇レートには驚愕です。現在はどうなのでしょうか?それ以上に驚くのはサイト管理者の日本語力です。旅行中の食事や市民のローカル住宅を写している画像は貴重です。北朝鮮でもオリジナルビールブランド?があるんですね。

ある中国人が見た北朝鮮!北朝鮮旅行記DVD
 上記サイトと同じ方が2007年7月末に再訪問したときの旅行記です。上海、北京、丹東から鉄道で入国、北朝鮮での様子が紹介されています。写真が多く、また現地でのやり取りもよく分かる内容で興味深いです。サイトによると観光地以外は写真撮影が禁止されているらしく、手振れした写真がより北朝鮮の現実を伝えてくれます。まだ未完成らしく、途中からコメントがついていません。24ページ以降の追加とコメント追加が楽しみなサイトです。

【北朝鮮レポート】寝台列車に乗って入国!(世界一蹴の旅)
 2009年8月に本ツアーを利用されたお二人の北朝鮮レポート。2010年FIFA W杯全出場国を訪問する人気のブログです。その北朝鮮訪問の様子です。珍しいものの画像も紹介されています。

もっと知るためもっと旅行を楽しむための参考本


 北朝鮮研究の第一人者宮塚さんの訪朝体験をまとめた本です。著者の視点は国家ではなく一貫して庶民生活へ向けられていることが分かります。朝鮮愛にあふれています。

 まさにこの旅行のためにあるかのような1冊です。中は現地で役に立つ賛美、激賞の嵐が満載です。入国時の検査担当者によっては没収される恐れがあるのでご注意ください。

 金正日総書記の元料理人藤本さんの記念すべき1冊目です。現在でも金正恩第一書記に会える唯一の日本人です。この数年で最も衝撃を受けた本で、観光ガイドではなく、北朝鮮のこの20年くらいを知ることができます。掲載写真は驚きの連続です。

 中国朝鮮族出身で日本へ帰化した金文学さんによる韓国酷評本ですが、朝鮮儒教や李氏朝鮮時代から継承する負の文化について知ることができます。下で紹介する呉善花の本とともに読むと北朝鮮について納得できる部分が確実に増えます。

 テレビによく見かける重村さん。その鋭い視点は朝鮮民族を熟知しているからこそです。厳しい批判の裏には北朝鮮に対する愛情にあふれています。

 北朝鮮を知るためのバイブルともいえる1冊。厚めですが、マンガなのでスラスラ読めます。今読んでも色あせていない内容が魅力です。

 北朝鮮と韓国に共通する李氏朝鮮文化について解説してます。韓国、北朝鮮の行動、謎などについてスッキリと理解できる良書です。

 3部作の中でもっとも印象的な1冊です。医療活動を通じての平壌市民や市街での庶民生活の一端を垣間見ることができます。

 北朝鮮のみを書いた内容ではないですが、共通する民族性がよく分かります、たとえば、「小中華主義といわれる自民族優越主義とは?」「なぜ反日なのか?」「なぜ漢字を廃止してしまったのか?」など非常に分かりやすく解説されています。

北朝鮮旅行・ツアー関連情報

北朝鮮ローカル
 北朝鮮についての日本語のSNSサイトです。熱い北朝鮮好きが日々交流しています。

大連の北朝鮮レストラン

平壌館(北朝鮮レストラン)
 行くのはちょっと・・・・・・。という方は雰囲気だけでもどうですか??(2009年末閉店)
三千里
 大連の経済開発区にある北朝鮮レストランです。同名の店舗が丹東にもあります。ステージショーの開催率が高いお店です(2013年閉店)。
平壌高麗館
 平壌高麗ホテルがシンボルマークの市内二七広場先にある北朝鮮レストランです。ステージショーの開催率が低いお店です。
平壌餐庁(レストラン)
 大連の中心部にある北朝鮮レストランです。ホテルの中にあり、新しいこともあり、中は広々としてきれいです(2013年閉店)。
平壌百花館
 大連の中心から少し離れた西部にあるレストランです。1階はテーブル席、2階は個室があります。1階左奥に小さ目のステージがあります。
平壌館
 冒頭で紹介する2009年末で閉店した平壌館が2012年7月1日にリニューアルオープンしたレストランです。最も有名店の1つです。

代理店と関連ツアー

中朝国境体験ツアー(日帰りコース)
 大連からの丹東日帰りツアーです。「ここが国境?」と仰天するような体験ができます。ご希望の観光地へのアレンジメントもできます。
スリーオーセブンインターナショナル
 北朝鮮ツアーの手配ができる福岡の旅行社です。
中外旅行社 朝鮮ツアーの日本総代理店
 北朝鮮ツアーの老舗的な存在な東京にある旅行社です。
高麗旅行(Koryo Tours)
 北京にある旅行社です。主に団体ツアーで欧米の系の利用者が多く、英語対応できます。
シルクロードトラベル
 東京にある旅行社です。シルクロードの名前の通り、中央アジアへのツアーが充実している旅行社です。

終了したツアー情報

平壌ビアガーデン 3日間 (JSツアーズ)
元山国際親善航空祭典2016 (JSツアーズ)
夏限定!革命の聖山・白頭山&革命の首都・平壌 4日間 (JSツアーズ)
夏限定!縮地法を使って朝鮮東海周遊ツアー7日間 (JSツアーズ)
9月17日から4泊5日秋の白頭山ツアー 人気の列車と飛行機の組み合わせも選べる (朝鮮旅行)
7月連休に行く!第1回 平壌国際カラオケのど自慢大会参加ツアー 4日間 (JSツアーズ)
チャーター機で行く4泊5日聖地「白頭山ツアー」 3種類の入国方法でから選べる (朝鮮旅行)
「第19回平壌春季国際貿易展覧会」観覧ツアー(5/22~25) (朝鮮旅行)
2016年第29回「万景台賞」平壌国際マラソン大会 (朝鮮旅行)
【2015年】朝鮮ツアー瀋陽から空路で行く3泊4日/4泊5日。お1人さまから! (朝鮮旅行)
エミル同志と行く北朝鮮平壌2015-16年カウントダウンツアー (朝鮮旅行)
お1人からでも参加できるチャータ便で飛ぶ特別白頭山ツアー (朝鮮旅行)
「春の平壌国際貿易商品展示会(5月11日~14日)」観覧ツアー(朝鮮旅行)
【申し込み再々開】2015年第28回「万景台賞」平壌国際マラソン大会 (朝鮮旅行)
★2014年朝鮮旅行★ お申込み受付中(丹東発列車コースは毎日出発)(中国金橋旅行大連公司)
まだまだ間に合う猪木氏プロレスイベント@朝鮮・平壌(15日まで) (朝鮮旅行)
往復の移動手段が選べるプロレス観戦北朝鮮4日間(北京/瀋陽/丹東発8月30日)(中国金橋旅行大連公司)
平壌マラソン(-国際陸上連盟-第27回万景台杯マラソン大会)(朝鮮旅行)
2013年秋 北朝鮮ツアーA10/1~5日 B10/2~5日(朝鮮旅行)
9/14・21出発3泊4日朝鮮ツアー。2名様から実施(朝鮮旅行)
【2人以上集まれば実施】大連から高麗航空チャーター便で行く北朝鮮ツアー9/29、10/2出発(朝鮮旅行)
2012夏朝鮮ツアー ①8月8日瀋陽発 ②8月12日丹東発
「2011年アリラン祭り」マスゲーム&訪朝ツアー(8月28日(日)~31日(水))
2011年の訪朝スケジュールと価格を発表!最短2月1日入国!!
2010年アリラン祭り・北朝鮮ツアー(9/26~9/29)
丹東4月30日発 平壌 開城4日間(6名集まれば実施します。~4/8申し込み書必着)
2010年の訪朝は1月18日受付開始 → 最短2月17日入国から
【2009年アリラン祭り北朝鮮旅行】 お手軽にアリラン祭見学 朝鮮3日間(瀋陽発/丹東着)
2008年国慶節 北朝鮮5日間ツアー(申し込み期限9月16日)

アクセス / 地図

 地図上だと線路が切れていますが、戦前の日本が架けた鉄道、自動車兼用の鉄橋(1943年建造の鴨緑江第二橋梁(中朝友誼橋))で国境が結ばれていいます。

 大連から丹東までは高速バスが便利です。早朝6時20分ごろから14時40分ごろまで30~1時間に1本出ています。費用は100元。大連駅前の勝利広場西側から出発しています。

 バスの時刻、車内の様子などはこちらの大連-丹東 高速バス金之橋ヒューマンブリッヂ 中国ビジネスコンサルタント)をご参照ください。

この投稿は 2007年10月16日 火曜日 10:03 PM に 観光・遊び・買い物, 旅行 カテゴリーに公開されました。

コメント / トラックバック36件

  1. サルゴケ より:

    行きたいけど、手続きとか、安全とか心配!

  2. 慶次郎 より:

    サルゴケさん、
    コメント有り難うございます。
    確かに大使館も領事館もないので確実な安全は保障できないでしょうね。しかし手続きに関しては中国の国際旅行社が取ってくれるので心配ないと思います。
    今回手続き代行する会社とは別の会社なのですが、私の知人が5、6年前に旅行したときは、非常に安全だったそうです。
    流暢な日本語のガイドさん兼監視さんが常時付くので逆に危険が及ぶことはないようです。
    現実的には5、6年で大きく時勢は大きく変化していると思われるので不確実です。
    確認したところ今冬季は日本国籍旅行者の受け入れをしていなかったそうです。春以降再開される可能性があるとのことです。詳細についてはお問い合わせいただければと思います。

  3. 渡邊 宗昭 より:

    私は丹東の対岸新義洲で生まれ、終戦の翌年
    引き上げました。一度行ってみたいと思いながら、77歳になってしまいました。
    丹東からでも、見てみたいとおもっています。

  4. ちんだらこっち より:

    国際列車はこの橋の隣に戦後新たに掛けられた橋を渡り入国します。(列車と自動車専用橋)
    戦後新たに建てられたのではありません。
    この橋は1943年(昭和18年)に日本の技術と資材で建設されたものです。
    よくお調べください。
    北朝鮮のガイドが若い日本人旅行者に嘘を
    教えているようです。

  5. 慶次郎 より:

    >渡邊 宗昭さん、
    コメント有り難うございます。
    新義洲でお生まれになったのですね。当時の様子はどのような感じであったかとても興味があります。
    現在、日本国籍者が行ける北朝鮮ツアーだと残念ながら新義洲での下車はできないようです。
    ただし非常に低速列車なので、窓から町の様子は見ることができるようです。
    丹東から新義洲を見ることは上記の鴨緑江断橋や鴨緑江をフェリーなどで対岸近くまで行って見ることができます。また、近年大連から丹東までのアクセスも便利になりましたので、訪れやすくなったと思います。(大連からバスで3時間半前後です。)

  6. 慶次郎 より:

    >ちんだらこっちさん、
    ご指摘有り難うございます。修正いたしました。

  7. ヒラオカ より:

    9月に行きたいのですが、募集してますか?

  8. 慶次郎 より:

    >ヒラオカさん、
    コメント有り難うございます。
    昨日の事件の件もあるので状況は不透明ですが、
    http://www.formzu.net/fgen….
    から問い合わせをしていただければ状況が分かると思いますので、お問い合わせください。よろしくお願いします。

  9. 慶次郎 より:

    入国状況を確認しました。現在、北朝鮮への入国は可能だとのことです。
    また必ず入国希望日の1ヶ月前までに手続きをしてくださいとのことでした。

  10. SHOKEN より:

    先日のツアーは無事催行されましたでしょうか? 発表からツアー当日まで時間がなかったので今回は見送りましたが、今後の参考に詳しい内容を是非UPしてください! 円に
    換算すると総額いくら位になりそうですか?

  11. 慶次郎 より:

    SHOKENさん、
    コメント有り難うございます。
    今回のツアーとは9先月末出発のアリラン祭ツアーのことでしょうか。
    残念ながら出発前にキャンセルが発生したそうで、定員割れのため実施されなかったようです。
    上記のツアーは個別のツアーのため冬季を除いて参加可能です(その分、価格は多少高くなりますが)。参加者が増えればその分安くなるようです。
    私も今年は都合が付かず参加できなくて悔しい思いをしたので、来年の国慶節にもツアーがあれば参加したいと思っています。
    私事ですが、9月29日に丹東へ行ってきました。現地では中国人向けのアリラン祭観戦ツアーが盛んに組まれていましたよ。同じように4日間の日程で約5,000元前後=約7万5千円でした。

  12. チンダラコッチ より:

    新義州市には特別な条件がないと入れません。
    朝鮮人でさえも市内に入るときには検問が厳重です。
    私は過去3回市内を回って来ましたが、他の都市よりも統治時代の建物が多く残っております。例えば平安北道の道庁は現平安北道人民委員会、元府庁は
    新義州市人民委員会の行政事務所になっていました。
    他には元王子製紙工場などは工場の建物は残っていますが、工場跡は4,5階建てのアパートになっています。

  13. チンダラコッチ より:

    新義州市内の写真は
    yahoode
    「新義州」を差気宇印すると見られます。

  14. 慶次郎 より:

    チンダラコッチさん、
    コメント有り難うございます。
    北朝鮮の新義州へ行かれたことがあるということに驚きます^^;
    また、貴重なお話を紹介していただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

  15. うみこ より:

    行きたいけどこんなに高いとは・・
    お金で安全を買うって言うことなんでしょうか

  16. 慶次郎 より:

    うみこさん、
    コメント有り難うございます。
    亡命ではないので危険なことはないと思います。ですが、自由化されていないので、価格が高くなってしまうのは仕方ない部分かもしれませんね。

  17. チンダラコッチ より:

    新義州市内の写真(平成7年頃の物)多数あります。一番新しいものは昨年のものもあります。画像を遅れるようでしたらメールで送ります。

  18. 慶次郎 より:

    チンダラコッチさん、
    いつもコメント有り難うございます。
    画像や新義州市内の様子を紹介したサイトなどをお持ちであればこのページ内でリンクさせていただきます。よろしくお願いします。

  19. ほみ より:

    コースによっても違いはあると思われますが、総費用の目安をお聞かせください。
    1人参加で大阪発着です。

  20. 慶次郎 より:

    ほみさん、
    コメント有り難うございます。
    総費用は上記で紹介しているとおりの2種類AとBコースとなります。その日程内での見学、訪問地のアレンジメントは現地で可能とのことです。
    また、丹東までのホテルなどの手配も代理店の方で現地価格で可能です。日本からのチケットは日本で購入された方が安いと思います。
    大連か瀋陽着→丹東となるかと思われます。行き帰りで丹東で1泊必要です。帰りは大連か瀋陽まで当日中に移動して宿泊。翌日大阪へ戻るなどされるとスムーズかと。
    18日から2010年の受付けも始まったそうです。詳細な情報は私たちも持ち合わせておりません。詳しくは下記から代理店へ直接お問い合わせいただけますでしょうか。
    中国での移動、宿泊についてもまとめて相談できます。
    http://www.dllocal.com/trav
    よろしくお願いします。

  21. けん より:

    このツアー今までに参加した人たちは無事に帰ってきているんでしょうか?
    また、列車は外国人専用列車に乗せられるんですか?

  22. 慶次郎 より:

    けんさん、
    城島捕手でも捕球が難しそうな直球ストレートなご質問有り難うございます。
    昨年日本国籍者の訪朝の3~4%がこの代理店のツアーだったのですが、全員無事に帰国しています。外国人が不法入国等で拘束された事件であれだけニュースになるのですから日本人だったらトップニュースになりますよね・・・・・。
    確認したところ列車は外国人専用車ではなく、現地の人も同乗する車両だそうです。

  23. ショウ より:

    今月初めに行ってきました。
    一人で行きましたが安全に楽しめましたね。
    ガイドの人も親切で、体調が悪くなった時には病院にも連れて行ってもらえましたよ!
    列車の中はガイドがつきませんが、車窓を撮影しないなどルールを守り、大人しくしていれば問題ありませんでした。

  24. 慶次郎 より:

    ショウさん、
    コメント有り難うございます。お帰りなさい~。満喫されたようで何よりです^^
    北朝鮮、平壌で病院なんて通常のツアーコースでは味わえない貴重な経験でしたね~。

  25. KEI より:

    こんにちは。
    2010年のアリラン祭の開催期間について、
    わかりましたら教えていただけませんでしょうか?

  26. 慶次郎 より:

    KEIさん、
    コメント有り難うございます。
    私の知る限り、今年のアリラン祭りの日程はまだ発表されていないようです。例年8月中旬から10月上旬、マスゲームは月~土(途中どこか休み)、夕方から開催というがスケジュールのようです。
    発表されたら旅行社から直接発表されると思いますので、私も楽しみです^^

  27. you より:

    こんにちは。
    アリラン祭に行きたいと思っているのですが
    諸々合わせるとトータルで30万円近くになってしまうと
    2 つの旅行会社から言われています。
    こちらではそれよりも安いようですが
    トータルでいくらになるか教えて頂けるとうれしいです。
    よろしくお願いします。

  28. 慶次郎 より:

    youさん、
    コメント有り難うございます。
    最短コースで125,000円+9,000円(ビザ代)+80ユーロ(マスゲーム観覧料)+現地でのお土産代+オプション料理、アルコール+チップ諸経費+日本←→中国までの航空券+丹東までの移動費と滞在費となります。
    日本からの航空券はAB-LOADなどインターネット格安サイトがお勧めです。
    今年のアリラン祭りは10月15日までなので、間に合うためには、今週末くらいいが期限となると思われます。
    詳細は、旅行代理会社へお気軽にお問い合わせいただけないでしょうか。
    http://www.dllocal.com/trav
    有意義な訪朝となることを願っています。もし、訪朝されましたらぜひ感想でもお寄せください^^
    よろしくお願いします。

  29. you より:

    ご丁寧なそして迅速なご回答ありがとうございます。
    早速旅行会社にメールしてみます。

  30. 慶次郎 より:

    youさん、
    今日中国は営業日なので早めに返信があるといいですね。
    日本の代理店でも中国の代理店でも北朝鮮側の対応局は同じなので、入国後の旅行内容も全く同じになるそうです。
    よい旅行を^^

  31. りゅう より:

    こんにちは。
    こちらのサイトから金橋旅行社に北朝鮮旅行の申し込みをして、
    先月22-25日まで滞在してきました。
    メールのみのやり取りで最初は不安でしたが(旅行代金の振り込み詐欺にあわないだろうか・・・とか)、管理人の慶次郎様が
    色々と親切に質問に答えてくださり、とても信頼できると判断して申し込みました。
    結果からすればほぼ満足のいく旅行になり、金橋の宮崎様ともども大変お世話になり感謝しております。
    もしネットのみのやり取りで不安だ、、とお考えで迷っていらっしゃれば、その心配はないと言えます!
    (不測の事態は分かりませんが、、ぼってやろうとか、連絡が来なくなるとか、そういう不安要素は全くなかったです)。
    北朝鮮のガイドさんもとても親切にガイドしてくださいました。
    参加者は私一人でしたが、手を抜こうとか、かったるそうにしたりそういう態度は一切なく、なるべくこちらの意向に沿うように一生懸命にしてくださった印象です。
    結局自由行動は許されないので、向こうで接するのはガイドさんだけです。
    色々コミュニケーションをとるためにも空気を読んで(?)、突っ込みどころ満載の政治的話題にいちいち突っ込まず、
    フレンドリーに接することが楽しみを広げます。
    でもある程度は政治的話題もしますし、胸のバッジやちょっとした下ネタ?までも話せるのは正直驚きでした。
    ガイドさんは我々の予想以上に日本や世界のことを知っていました。
    行って後悔した事がいくつかありました。
    ある程度可能であれは柔軟に旅程を変更したり追加したりしてくれます。
    私は金日成の保存体と、人民大学習堂の中、金日成総合大学を見たかったのですが、予約が必要で、
    旅行に来る前に言ってくれれば、、、とガイドさんが言っていました。
    ですから、もし行きたい場所が旅程に組まれてなければ、相談してみるのも手です。
    (総合大学は、何だかんだ理由をつけて見せたくなかった・・・気がしましたが)。
    そもそも、車で見るルートが決まっている上に、ガイドさん2名(監視1名?)も付きます。
    どっか外国を一人旅するより、はるかに安全で何の心配もなく、犯罪にすら巻き込まれないでしょう(夜も勝手に出歩けないし)。
    撮りたい写真が撮れない場面もあってううーっと思いますがお国事情、、、ですからね。
    ピョンヤンの一部、外国人用に作られたルートなので、これで北朝鮮を見た、とはいえませんが、それでも街の空気を感じ、
    市街地を見て、ガイドさんと話すだけでも色々と考えさせられることが多いです。
    それでも「行きたい」と思って行った人なら、つまらなかったと後悔する事は絶対にない貴重な経験ができると思います。
    こんな機会を作ってくださった管理人さんに改めて感謝いたします!
    気軽にはいけませんが、また機会があれば行けなかった場所も訪問してみたいです。

  32. 慶次郎 より:

    りゅうさん、
    素敵な温かいコメント有り難うございます。満足いただける訪朝となったようで私たちも嬉しいです。
    そうですね、確かにネット上のやり取りのみなので不安に感じられるのは一般的な懸念だと思います。ですが、顔の見えないネットだからこそ実際にお会いする以上に誠実に礼儀を持って対応するように常に心がけています。
    大連ローカルが提携している各会社さまも多くが中国の企業ですが、実際に何度も会って話し、(ときにお酒も飲んだりして?)信用できると私たちの方で判断した会社さまのみ提携するようにしています。
    りゅうさんの訪朝体験コメントは今後訪朝される方にとってとても心強いものとなると思います。やはり実際に体験された方の感想は重みが違いますね。
    改めて感謝を申し上げます。有り難うございます^^

  33. 2013 6 26 (水) 瀋陽発3泊4日、1人参加の場合。

    間に合えば。。。詳細をお願いします。

                    日本国 三橋

    • 慶次郎 より:

      三橋さん、
       この記事だと2年半ぶりとなる貴重なコメントを有り難うございます。6月26日出発予定だとビザ取得期間が迫っていると思われます。別途個別に返信させていただきます。よろしくお願いします。

  34. devi より:

    2015/1~2月 丹東泊4日 2人参加を計画しています。
    可能でしたら、詳細をよろしくお願いします。。。

    • 慶次郎 より:

      deviさま、
       コメント有り難うございます。

       先ほど、代理店へのメールも確認させもらっております。代理店からの返信をお待ちいただけますでしょうか。

コメントをどうぞ

掲載日: 2007-10-16
更新日: 2016-11-11
クチコミ数: 36
カテゴリ
エリア