朝鮮旅行 - 新メニュー・新サービスの連絡

朝鮮入国3カード有料事前送付サービスを開始

イメージ画像

前もってあると安心?朝鮮入国カードセット+記載例付き有料サービス


 朝鮮入国時に必要な書類は3種類あります。それぞれ機内や出発駅で確実にもらえるものですが、記入項目が多く、またスペースも狭いため焦ってしまうというお客さまも多いようです。余裕を持って前もって書いておきたいというお声をいただいております。

 そんな声にお答えして入国時に必要なカード3種類に記入例のサンプルをおつけした入国カードセットを販売いたします。

必要なカードは3種類ある(全員必ずもらえる)


 入国時に必要な書類は、3つございます。

1.入国カード
2.健康および検疫カード
3.税関申告書・携帯品明細カード

 の3種類となります。2と3は裏表になっています。繰り返しとなりますが、訪朝されるお客さまは全員確実にもらえるものですから事前に用意しておく必要はありません。あくまで事前に欲しい、書いておきたいという方へのサービスとなります。

 入国に必要な書類3種類と入国カードと税関申告書・携帯品明細カードの記載例の5部をセットにして郵送します(日本国内のみ)。

 朝鮮入国書類セット 送料込み2000円

  今回、お届けするものは朝鮮語と英語併記のカードとなります。入国時に担当者へ伝えれば、英語併記のカード以外にも朝鮮語のみ、中国語併記のものなどもあります。


携帯品明細カードはどこまで書く必要がある?


 携帯品明細カードは、検査官が質問しながら加筆していきますので、できる範囲で埋めておけば問題ございません。

 朝鮮へ持ち込む予定のスマートフォン、携帯電話、パソコン、タブレット端末は、メーカー名とアイフォーンXなど機種名を記載する必要があります。他にも一眼レフカメラ、デジタルカメラ、ビデオカメラ、ゲーム機などもメーカー名、型番を記載する必要があります。特にGPS搭載の有無が重要になってきますのでご注意ください。原則、GPS搭載のデジカメやビデオカメラは預かり対象となります。

 携帯品明細カードは空欄にしておいて、検査官の質問に応じて現物を見せて検査官に記載してもらったほうがスムーズかもしれません。

 携帯品の確認や荷物検査は、国際列車であれば入国時の車内で、飛行機であれば、平壌到着後の検査となります。

2018年訪朝者の最新体験談


 毎年のように検査状況が変わるのですが、2018年に訪朝されたお客さまの話をシェアさせてもらいます。

 荷物検査や確認は、国際列車の方が飛行機での入国よりも時間がかかります。これは時間の関係で以前から同じです。

 スマートフォンや携帯電話は機種名を確認後、シリアル番号(機種識別番号)を控えることがあります。

 一眼レフカメラやデジカメ、ビデオカメラは機種名を確認後、GPSの有無を確認されることがあります。

 パソコンやタブレット端末は、電源を入れて起動を求められることがあります。起動後にドキュメントやダウンロードフォルダー内の画像や動画を確認することもあります。

 本や雑誌も検査官から見せるように求められることがあります。

 いずれにしても検査官の指示に従うようにしてください。

出典 朝鮮入国カード3種類+記入サンプルセット有料送付サービス


イメージ画像1イメージ画像2

朝鮮旅行
朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)へのツアーを手配しています。往復列車入国や人気の列車入国、空路出国などご希望に合わせてアレンジメントします。日本円でのお支払いにも対応しています。

各ツアー、旅行は、お1人から参加いただけます。お気軽にご連絡ください。最新の訪朝情報をお届けします。

以下のフォームに必要事項をご記入の上お気軽にお問い合わせ下さい。ショップ・企業さまより折り返しご連絡いたします。
このショップ・企業さまに対する口コミは、 朝鮮旅行 紹介ページにお願いいたします。
また、お問い合わせの内容は直接ショップさまのメールアドレスに自動転送されます。返信の有無や、内容、時間等は大連ローカルでは一切の責を負いかねます。
の項目は必須となります。

*

*

*

* ロボットと区別するため、以下の画像の文字を記入してください。




当サイトは、お客様の個人情報のうち、電話番号、メールアドレス等の会員を特定できる情報(以下「個人情報」といいます。)を収集した場合、かかる情報については、当サイトが厳格に取扱うものとします。
また、 本サービスにアクセスした際のIPアドレス、クッキー情報、利用環境などの情報をサーバーに記録した場合も、かかる情報については、当サイトが厳格に取扱うものとします。
これらの情報を当サイトは第三者に開示・販売・貸出等をすることはありません。
ただし、 以下の場合に個人情報を開示することがあります。

  1. 情報開示や共有についてお客様の同意がある場合
  2. 裁判所や警察等の公的機関から、法律に基づく正式な照会を受けた場合
  3. 本サービス上におけるお客様の行為が、当サイトの権利財産やサービス等に反し、当サイトの権利財産やサービス等を保護するため、必要と認められる場合
  4. 人の生命、身体および財産等に対する差し迫った危険があり、緊急の必要性がある場合

掲載ショップ・企業における個人情報の取り扱いについては、そのお店や会社の準じるポリシーに基づきます。
Whenever大連ローカル では一切の責をおいかねますことをあらかじめご了承ください。

当ページの掲載情報は、ショップ・企業の皆様によりご提供いただくものであり、 Whenever大連ローカル は本情報の正確性や内容について、一切保証するものではございません。